躁鬱病の症状に悩まされないように知識をつけよう

治るんですか?治ります!!!

特徴的な症状

シルエット

気分の浮き沈みがある

躁鬱病という心の病気があります。それはうつ病の1つです。この躁鬱病になると、気分の浮き沈みが激しくなります。機嫌が良い時は、かなりテンションが上がり、機嫌が悪い時は怒りっぽくなるものです。この躁鬱病は、双極性障害と呼ばれています。重い障害と軽い障害の2つに分けられるのです。症状が重ければ重いほどはっきり躁鬱病と判断できるようになります。反対に症状が軽いと周りは、躁鬱病だと気づきにくいです。

おしゃべり

躁鬱病になるとおしゃべりが止まらなくなります。止まらなくなると、周りの話が耳に入りません。自分中心で話してしまうので、周りが話についていけなくなるのです。そして、早口になる症状が現れます。

活動性が高まる

躁鬱病の最も特徴的な症状は、活動性が高まるということです。活動が高まると、落ち着きがなくなります。色々な場所に移動してしまいます。周りの人がそばにいなくてはいけない状態です。考え方と気分が、次々と変わってしまうので、注意が必要になります。また、注意散漫にもなるので、車の運転も行いにくくなります。

自分が困ることをする

自分が困ることをしてしまうのが躁鬱病の特徴的な症状です。例えば、買い物でお金を沢山消費してしまったり、変な商売に投資したりするなどの症状が出てきます。周りの人がこの躁鬱病に関して理解しなくてはいけません。なぜなら、躁鬱病は常に身近にあるからです。自分の身近な人がなっている可能性もあります。そういった時は、支えがとても必要になるのです。

躁鬱病の様々な症状とは

躁鬱病はうつ病と同じ気分障害に分類されます。現在では双極性感情障害とも呼ばれています。うつ病のように、日常生活に支障をきたすほどの不安や不眠などの症状だけでなく、気分の高揚や妄想などの躁病の特徴がみられます。 躁鬱病は躁病とうつ病の症状が交互に現れるイメージですが、常に交互に現れるわけではありません。どちらかの症状ばかりが、周期的に現れる場合もあります。 特に躁状態の時は、正常な状態に戻った時は、目に見える症状が特にありません。躁鬱病の症状が軽度の場合は、周囲にも気づかれにくく、早期発見が難しい場合があります。 うつ状態の場合は、頭痛、腹痛、疲れ、不眠、物忘れなどの身体的症状も伴うことが多いです。これらの症状もよくありますので、初期の場合は気付くことが難しいです。

双極性障害の種類

躁鬱病は、双極性障害の1つです。その双極性障害は種類がいくつかあります。どちらも症状が異なっていますが、中には周りが気づかないような軽い症状があります。躁鬱病の症状を知っていきましょう。

詳細を読む

原因と発症

躁鬱病にかかる発症の原因は、3つのパターンがあります。その発症原因の中には、うつから始まるケースも有ります。躁鬱病の症状が出た場合は、3つの内どれが発症原因なのか知りましょう。

詳細を読む

治療法

躁鬱病の治療法は、気分安定薬が用いられます。なぜなら、躁鬱病の症状を抑えるためです。症状は、進行しやすいので、抑えなくてはなりません。放っておかずにちゃんと治療を受けましょう。

詳細を読む

↑ PAGE TOP