躁鬱病の症状に悩まされないように知識をつけよう

治るんですか?治ります!!!

原因と発症

足を掴まれる男性

遺伝的との関係

躁鬱病の症状を発症する原因としては、遺伝子が関わっていることが考えられます。ですが、だからといって遺伝病ではありません。遺伝子がいくつか組み合わさると発症するといわれています。なせなら、一卵性双生児の遺伝子と、二卵性双生児の遺伝子が、同じ遺伝子を共有しているからです。しかし、それだけで発症するとは限りません。確かに躁鬱病の発症に遺伝子が関係はしているのですが、誰もが発症するものではありません。

環境と躁鬱病

躁鬱病の症状は、育った環境のストレスが原因といわれています。しかし、どのような過程で発症に繋がるのかが明確になっていません。

躁鬱病を発症する性格

躁鬱病を発症する患者さんの多くは、社交的でユーモアのセンスがあり、かつ周りに気配りができる性格が特徴と言われています。こういった性格が原因で、ストレスをためやすく生活のリズムが乱れやすくなっていきます。それが原因で、双極性障害の症状が出やすくなるのです。

うつから始まる

双極障害を発症する人はうつ病から始まるケースが多いといわれているのです。うつ病の中には、うつをずっと繰り返すと躁になるタイプがあります。ですから、最初はうつ病だと感じても実際には、双極性障害を発症していたということが増えているのです。双極性障害を発症するうつの特徴は、入り方が急激だったり、重症だったりなどが多いです。そのため、双極性障害という病気の症状を知る必要があります。

躁うつ病ってどんな病気 1

 双極性障害と躁鬱病とは同じ精神疾患のことをさします。躁と鬱の状態を繰り替えすためこのような病名がつけられています。 躁状態とは、気分が良くなる、ハイになる、調子が良すぎるまたは、怒りっぽくなる状態を言います。他の人から見れば普段のあなたとは違うと言われることもあります。 躁鬱病の症状としては、自分が偉くなったように感じる、いつもよりおしゃべりになる、いろいろな考えが次々と頭に浮かんでくる、じっとしていられない、買い物への浪費や明らかに損とわかっていることへの投資など明らかにおかしいと思う行動、症状を起こしてしまいます。 また、躁鬱病の中には軽躁状態とよばれるものもあります。これは、上記の症状が4日以上続く、明らかに他人がおかしいと思うような状態が続いているが、仕事や家庭の人間関係に支障がないというところがポイントとなります。 躁鬱病の症状と診断は、精神科を受診することから始めましょう。

↑ PAGE TOP